「豊臣秀吉」

(とよとみ ひでよし / 1537年3月17日 - 1598年9月18日 )

豊臣秀吉
書籍一覧

<豊臣秀吉のプロフィール>
「豊臣秀吉」は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将・関白・太閤。織田信長徳川家康と共に「三英傑」の一人と称される人物。改名は「木下藤吉郎→秀吉→羽柴秀吉→藤原秀吉→豊臣秀吉」。尾張国愛知郡中村郷の下層民の家に生まれ、当初今川家に仕えるものの出奔した後に織田信長に仕官。信長のもとで次第に頭角を表してゆき、本能寺の変で信長が明智光秀に討たれると兵を率い、山崎の戦いで光秀を討ち取る。織田家内部での勢力争いを経て、信長の後継の地位に就任。大坂城を築き関白・太政大臣となってからは豊臣姓を名乗り、日本全国の大名を臣従させ天下統一を果たした。また政策面では、太閤検地(田畑の測量・収穫量調査)や刀狩(百姓身分の者の帯刀権を剥奪する兵農分離政策)などの当時としては画期的な新政策を行っており、中世封建社会から近世封建社会への転換を成し遂げている。神号は「豊国大明神」、戒名は「国泰祐松院殿霊山俊龍大居士」。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



豊臣秀吉の名言一覧


一歩一歩、

着実に積み重ねていけば、

予想以上の結果が得られる。




やるべき事が明確であるからこそ、

日夜、寝食忘れて没頭できる。




負けると思えば負ける、

勝つと思えば勝つ。


逆になろうと、

人には勝つと言い聞かすべし。




戦わずして勝ちを得るのは、

良将の成すところである。




戦は六、七分の勝ちを

十分とする。




金銀を蔵に貯め込むのは、

有能な侍を

牢屋に押し込めておくのに等しい。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:S・ゴールドスタイン
人物データがありません
前の名言:ウイリアム・オスラー
今日の医学教育の基礎を築いたことで知られるカナダの医学者、内科医、大学教授

sponsored link