sponsored link


true tearsの名言

true tears」(トゥルー ティアーズ)

「true tears」は、2008年1月〜3月に全13話で放送されたアニメ作品。

アニメーション制作は「P.A.WORKS」、監督は「西村純二」が担当。

同名のゲームソフトを原作としているものの、

ストーリー、キャラクターともにオリジナル作品となっている。


富山県に実在する町並みを舞台に高校生達の青春群像劇を描いた作品で、

アニメの舞台に選ばれることが少ない富山県内で徐々に注目を集め、

地元紙の北日本新聞で紹介されたり、

南砺市の公式サイトで特集が組まれるといった広がりを見せた。

城端観光協会によると今までは年配の観光客が中心であったが、

アニメの影響により若い観光客が増えたという。さらに放送終了後もブームは衰えることなく、

2008年9月の祭りでは観光客が殺到したとのこと。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



ため息つくと、

不幸になるぞ。


(by 安藤愛子




踊りたくなかったのは、うまく踊れなかったからではありません。

父親と比べられたくなかったからです。

絵本が書けないのは、気分が乗らないからじゃありません。

自分の限界を知るのが怖かったからです。


(by 仲上眞一郎




私はまだ飛べないから、

歩いていく。


(by 石動乃絵




好きなものを好きでいられなくなるって、

きついよな。


(by 石動純




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。