「鶴田 真由」

(つるた まゆ / 1970 - )


作品一覧

「鶴田真由」は、神奈川県出身の女優。主にテレビドラマや映画で活躍する人物であり、夫は芸術家の「中山ダイスケ(なかやま-/1968-)」。女優デビューは、1988年放送のテレビ東京系ドラマ『あぶない少年II』。主な出演ドラマ作品に「マルモのおきて」「デカ 黒川鈴木」「ねこタクシー」「ヴォイス〜命なき者の声〜」「大河ドラマ篤姫」「氷壁」「恋する京都」「交渉人」「サトラレ」「宮本武蔵」「菜の花の沖」「つぐみへ…〜小さな命を忘れない〜」「お仕事です!」「総理と呼ばないで」「僕が僕であるために」「竜馬がゆく」「正義は勝つ」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



鶴田真由の名言一覧


家族というのは

社会の最小単位です。


そこが幸せであれば、

おのずと世界は幸せになる。




時代は流れていくものだから、

それに逆らっても仕方がない。


本当に大事なものが残れば

それでいい。

(先住民の方から聞いた言葉)



sponsored link


バックナンバー

次の名言:アーノルド・グラソー
アメリカのユーモア作家、雑誌編集者
前の名言:アーネスト・ヘミングウェイ
「アメリカ文学の古典」とも称されるアメリカの小説家・詩人

sponsored link