sponsored link


モリー先生との火曜日の名言と人物データ

モリー先生との火曜日」(Tuesdays with Morrie)

「モリー先生との火曜日」は、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵された、

モリー・シュワルツ教授が死を前にして、かつての教え子であるミッチに贈った、

「最後の授業」を記録したノンフィクション小説

著者はアメリカのジャーナリストのミッチ・アルボム。


同書は、1997年にアメリカで出版されベストセラーを記録。

1999年に映画化され、2000年度プライムタイム・エミー賞、

2000年度ファミリー・テレビジョン・アワード(映画賞)、

2001年度全米脚本家組合賞(脚本:トーマス・リックマン)などを受賞。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→

1 / / /



必要なときには、まず思いっきり泣く。

それから、人生にまだ残っている、

いいものに気持ちを集中するんだ。




いかに死ぬべきかを学べば、

いかに生きるかも学べる。




はやばやとあきらめるな、

いつまでもしがみつくな。




文句を言っている相手に、

あなたは一番依存しているんだよ。




人生でいちばん大事なことは、

愛をどうやって外に出すか、

どうやって中に受け入れるか、

その方法を学ぶことだよ。



1 / / /

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。