「植村 花菜」

(うえむら かな / 1983年1月4日 - )

植村花菜
作品一覧を表示

<植村花菜のプロフィール>
「植村花菜」は、 兵庫県出身の女性シンガーソングライター作曲家作詞家。2010年11月にリリースした10thシングル「トイレの神様」の大ヒットで、広く世間に知られるようになった人物。アコースティックギターによる弾き語りがトレードマークとなっており、「カナちゃん」「カナ吉」などの愛称で親しまれている。岡本真夜や花*花、西川貴教(T.M.Revolution)など数多くのミュージシャンを輩出している大阪スクールオブミュージック専門学校の出身者であり、同専門学校入学と当時に曲作りを始め、路上ライブを行うようになったとのこと。「植村花菜のかなでるラジオ」のラジオパーソナリティを経て、2005年5月に1stシングル「大切な人」でメジャーデビュー。約5年間の間、オリコンチャートの最高位が49位と伸び悩んでいたものの、10thシングル「トイレの神様」(2010年11月)で同チャート1位を獲得している。ただし、同作のヒット以前にもスピッツ大橋卓弥(スキマスイッチ)とのコラボシングル「群青」で、2007年にオリコンチャート4位を記録しているため、最高位49位というのはソロでの数字となる。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

<関連リンク>
植村花菜の楽曲一覧 (姉妹サイト:「地球のアリア」)



植村花菜の名言一覧


きっと大丈夫

自分を信じて進め

(8th「シャララ」)




強く 強く 光続けてる

太陽のようになりたい


迷い 不安 にがい涙さえ

すべてを愛してゆけるように

(7th「太陽」)




誰にも言えない悲しみを

一人で抱えて来たんだね


孤独も不安も寂しさも

心に閉じ込めて


何度も何度も躓いて 立ち上がる度

きっと強くなってる


どんなに苦しい時だって

心のままに進んでいけばいい

(6th「光と影」)




今 花のように 心に咲き出した

愛しい気持ち 育てていきたい

(3rd「キセキ」)




二人が出逢った時

世界は始まって


小さな偶然はいつか

大きな意味になった

(配信限定「Only You」)




一生懸命生きてれば

イヤんなる事たくさんあるけど


めげずに頑張り続ければ

いつか笑える時が来る

(8th「シャララ」)




厚い雲が 光をさえぎり

明日が見えなくても


信じられる 強さを持ちたい

すべてを愛してゆけるように

(7th「太陽」)




迷った時は 無理しないで

ルールは自分で作ればいい

(6th「光と影」)




太陽目指して 踏み込むペダル

鼻歌でも口ずさんで


夢のハンドル 握りしめたら

このまま どこでも 行けるさ

(8th「シャララ」)




枯れるほど泣き明かした夜

熱い瞼に秘めた誓い


歩き出せる力に変えて

信じて踏み出そう

(6th「光と影」)




知らない間に落してきたもの

もったいないと嘆くより

今を抱きしめていたい

(8th「シャララ」)




流した涙はいつの日か

あなたの笑顔 強く輝かせるから

(6th「光と影」)



sponsored link


バックナンバー

次の名言:芝木 好子
昭和に活躍した女性小説家
前の名言:朝吹登水子
フランス文学者・翻訳家・エッセイスト

sponsored link