「上杉 謙信」

(うえすぎ けんしん / 1530年2月18日 - 1578年4月19日 )

上杉謙信
書籍一覧

<上杉謙信のプロフィール>
「上杉謙信」は、戦国時代に活躍した越後国の武将戦国大名。内乱続きであった越後国を統一し、産業を振興して国を繁栄させた人物であり、武田信玄や北条氏康、織田信長などと合戦を繰り広げ、「越後の虎」や「越後の龍」「軍神」と称された名武将。特に武田信玄との「川中島の戦い」は、物語として語られることも多く、広く知られている。改名は「虎千代(幼名)」→「長尾景虎(ながお かげとら)」→「上杉政虎(うえすぎ まさとら)」→「輝虎(てるとら)」→「不識庵謙信」。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



上杉謙信の名言一覧


心に気にかかる物のない時は、

心は広く体も安らかである。


心にわがままのない時は、

相手への愛と敬いの心を失わない。


心に欲のない時は、

道理ある正しい道を進む。


心に私がない時は、

疑うことしない。


心に驕りがない時は、

人を尊ぶ。


心に誤りがない時は、

人を畏れない。


心に邪見がない時は、

人を育てる。


心に貪りがない時は、

人に諂うことがない。


心に怒りのない時は、

言葉は和やかである。


心に堪忍がある時は、

物事を調えられる。


心に曇りがない時は、

心は静かである。


心に勇がある時は、

悔やむことがない。


心が賤しくない時は、

無理な願いをしない。


心に親への孝行心がある時は、

主への忠節も厚い。


心に自慢のない時は、

人の善を知り。


心に迷いのない時は、

人を咎めない。

(※上杉家家訓十六ヶ条より)




戦場では潔い死を心掛けるのが

義の頂上である。


誰でも死を望む者はいないが、

日頃、恩禄を受けていることは、

ひたすら命に代わるものと観念し、

あらかじめ無き身と考えることが

義の本である。


戦場にあって逃げるのは

不義の至極で武上の操ではない。

盗賊の徒である。




武士の子は、十四、五歳の頃までは、

わがままであっても勇気を育て、

臆する気持ちを持たせぬようにせよ。


勇気のある父を持つ子は

臆する心を持たぬ。


父は常々、この道を

説き諭すことが大事である。




四十九年一睡の夢

一期の栄華一盃の酒


(意訳:四十九年の人生は一睡の夢であった。

人生の栄華は一盃の酒のようなものだ。

※辞世の句より)




大事なのは義理の二字である。

死ぬべきに当たってその死をかえりみず、

生きる道においてその命を全うし、

主人に先立つ、

これこそ武士の本意である。




自分は国を取る考えはなく、

のちの勝ちも考えない。

さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。




人の上に立つ者の一言は、

深き思慮を伴っていなければならない。

軽率な発言などもってのほかである。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:田崎 達磨(たさき だるま)
全国500社以上の零細企業の救済活動を行った債務・経営コンサルタント、経営者
前の名言:川嶋 哲郎(かわしま てつろう)
即興音楽家としても活動するサックス奏者

sponsored link