「鵜川 昇」

(うかわのぼる / 1920年8月10日 - 2007年11月27日 )

鵜川昇
著書一覧

<鵜川昇のプロフィール>
「鵜川昇」は、東京都出身の教育者作家。茗渓会会長、学校法人茗溪学園理事長、学校法人桐蔭学園理事長、桐蔭横浜大学学長、自民党かながわ政治大学校初代校長などを歴任した人物。2007年11月27日に多臓器不全のため横浜総合病院にて永眠。満87歳。主な著書(共著含む)に「絵で読む日本語(上・下)」「わが人生 時代を動かす「教育改革」に捧げた半生の記録」「教育の品格 国家もヒトも品性・風格の根源はここにある」「期待値による中高校選び 偏差値にとらわれていると、子どもの将来を台無しにする」「教育の本質 子供を幸福にしない日本の「学校」という存在」「「日本」がなくなる日 今のままの憲法・教育基本法では、子どもが、国民が、国が滅びる!」「大学の崩壊 対談この危機を救う道はあるか!」「崩れはじめた日本の教育を考える 桐蔭学園の実践から」「子供を喰う教師たち」「変革時代への提言 対談集」「鍛える、伸ばす、育てる 桐蔭学園式全員エリ-ト教育」「国語力 知力をつける人間力をつくる」「横浜を考える 二十一世紀都市」「名作に学ぶ四字熟語」「受験革命 生徒は、親は、学校は、どう変わるべきか」「名著にある美しい日本語 日本人なら知っておきたい!」「親父のげんこつ 元気に育て、一流校へ入れ」「大学入試を有利にする高校選び 中3になってからでは遅すぎる」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



鵜川昇の名言一覧


できる子は、

鍛える。


普通の子は、

伸ばす。


できない子は、

育てる。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ウィリアム・モリス
19世紀に活躍したイギリスの詩人・デザイナー・思想家
前の名言:内藤 誼人(ないとう よしひと)
心理学者、コンサルタント、ビジネスコーチ、作家、経営者

sponsored link