「宇多田 ヒカル」

(うただ ヒカル / Hikaru Utada / 1983年1月19日 - )

宇多田ヒカル
作品一覧

<宇多田ヒカルのプロフィール>
「宇多田ヒカル」は、日本を代表する女性シンガーソングライターの一人。2000年頃から始まった日本のR&Bブームのきっかけともなった人物。1998年12月に1stシングル「Automatic/time will tell」でデビュー(日本)。このシングルがいきなりミリオンセールスを記録し、当時若干15歳だった女性アーティストに日本中が注目。翌年発売した1stアルバム「First Love」では、日本で860万枚以上(全世界では990万枚以上)を出荷し、国内アルバム売上 歴代1位記録樹立。2007年にはドラマ「花より男子2」に起用された18thシングル「Flavor Of Life」が、音楽配信総計700万ダウンロードを突破し、デジタルシングル配信数 全世界歴代1位記録を樹立(当時)している。主な代表曲に「Automatic」「First Love」「Wait&See 〜リスク〜」「Can You Keep A Secret」「FINAL DISTANCE」「traveling」「光」「SAKURAドロップス」「ぼくはくま」「Flavor Of Life」「HEART STATION」「Goodbye Happiness」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

<関連リンク>
宇多田ヒカルの主要楽曲一覧 (姉妹サイト:地球のアリア)



宇多田ヒカルの名言一覧


人は一人になった時に

愛の意味に気づくんだ


(デジタル配信シングル「Goodbye Happiness」)




あきらめないで

笑い飛ばしてがんばれ

あとはしょうがない


(19thシングル「Kiss & Cry」)




思い通りにいかない時だって

人生捨てたもんじゃない


(18thシングル「Flavor Of Life」)




もう自分には

夢の無い絵しか描けないと言うのなら


塗り潰してよ

キャンバスを何度でも


(12thシングル「COLORS」)




もっと肩の力抜いて

過去はどこかにしまっておけ


(11thシングル「SAKURAドロップス」)




無理はしない主義

でも君とならしてみてもいいよ


(8thシングル「FINAL DISTANCE」)




タイム・リミットの無い

がんばりなんて

続かないよ


(6thシングル「タイム・リミット」)




誰かの為じゃなく

自分の為にだけ

歌える歌があるなら

私はそんなの覚えたくない


(6thシングル「For you」)




廻らないタイヤが目の前に 並んでるけど

アクセル 踏まずにいるのは誰だろうね


(5thシングル「Wait&See 〜リスク〜」)




時間がたてばわかる

だからそんなあせらなくたっていい

明日へのずるい近道はないよ


(1stシングル「time will tell」)



宇多田ヒカルの名言 第2集
宇多田ヒカルの名言 恋愛編

sponsored link


バックナンバー

次の名言:小山明子
エッセイストとしても活躍している女優
前の名言:原田芳雄
俳優・ナレーター・ミュージシャン

sponsored link