「ヴァンドレッド」(Vandread)

ヴァンドレッド
作品一覧

「ヴァンドレッド」は、2000年10〜12月にWOWOWで放送された全13話のテレビアニメ作品。また、その続編となる「ヴァンドレッド the second stage」も同じくWOWOWで2001年10月〜2002年1月にかけて放送。男性だけの惑星国家「タラーク」と女性だけの船団国家「メジェール」が互いの存在を嫌悪し激しく憎み合いながら、長年に渡る星間戦争を続けていた時代のSFストーリー作品。また、監督を担当した「もりたけし」がテレビアニメ版に先駆けて執筆した小説版も発表されており、内容はテレビアニメ版とほぼ同じであるが、「一時的に別れることになったヒビキとディータの最後のやりとり」の部分だけは内容が大きく異なっています。漫画版も月刊ドラゴンジュニアで連載されており、単行本は全3巻で発売。第1巻はテレビアニメ第1期に順じているものの、第2巻はほぼオリジナルストーリー、第3巻は漫画版完全オリジナルの番外短編集となっています。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



ヴァンドレッドの名言一覧


どんなに納得いかなかろうが、

どんなに不公平だと感じようが、

今、目の前にあるものがすべてじゃねぇか。


そこから顔を背けて何を見る。

厳しい現実を乗り越えないで何が語れるってんだ。


(by ヒビキ・トカイ




生きることにこそ理由がいるんだ。

死ぬのに言い訳なんて必要ない。


(by ヒビキ・トカイ)




乗り越えるべきは自分だ。

目の前の敵でも兵器でもねぇ。

恐怖におびえる俺自身だ。


(by ヒビキ・トカイ)




行く道は行くしかねえ…

そうだろ!


(by ヒビキ・トカイ)




仲間こそが、

己をうつす鏡。


(by ジン




パニくるんじゃないよ。

慌てようが落ち着こうが、

結果は一緒だろ?


(by ガスコーニュ・ラインガウ




どんなぶざまなセリフでも、

嘘、偽りのない心の叫びなら、

誰も笑ったりはしない。


(by メイア・ギズボーン




みんな最後まであきらめなかった。

最後のその瞬間まで輝こうとした。


あたしゃね、

そんな凄いやつらを知っているんだ。


知っているからこそ、

自分の運命を人任せにするような、

あまったれが許せないんだよ。


(by マグノ・ビバン艦長




勝手に自分たちで未来を決めて

あきらめちゃうのは、間違ってます。


もう駄目だなんて言わないで。

言ったら本当になっちゃうよ。


(by ディータ・リーベライ




誰かのために流す涙は、

決して恥ずかしいものじゃない。


(by マグノ・ビバン艦長)




どんなに追いつめられようが、

どんなに苦しかろうが、

死んで楽になろうなんて

甘ったれた考えを起こすんじゃないよ。


おまえさんたちにゃ、

わくわくするほど残酷で

明るい未来が待ってるんだからね。


(by マグノ・ビバン艦長)




新しいことを始めるんだ。

前例なんかどこにもあるわけがねェ。


(by ヒビキ・トカイ)



sponsored link


バックナンバー(アニメ・漫画・ライトノベル編)

次の名言:宇宙のステルヴィア
未来の太陽系を舞台としたSFアニメ作品
前の名言:犬夜叉(いぬやしゃ)
四魂の玉のかけらを探す旅に出る冒険物語

sponsored link