sponsored link


渡辺徹の名言と人物データ

渡辺 徹(わたなべ とおる)」(1961〜)

「渡辺徹」は、栃木県出身の俳優タレント司会者

1981年にテレビドラマ『太陽にほえろ!』のラガー刑事役で俳優デビュー。

1983年に『夜明けのランナー』(東宝) で映画俳優デビュー。

1998年度のNHK大河ドラマ「徳川慶喜」では西郷隆盛役を担当。

俳優・司会・バラエティタレントとしてマルチに活躍する他、

劇団文学座に所属し、年に1〜2本のペースで劇団公演を中心に舞台にも出演。

趣味の将棋では二段の腕を持ち、その造詣は深いことで知られている。

妻は、歌手&タレント&女優の榊原郁恵。

(出典:ウィキペディア&どらく)

太陽にほえろ! 1981 DVD-BOX II


■ 渡辺徹の名言集


結婚をする時、おやじに

「結婚したからといって、夫婦になったと思うな」

と言われたのを今でも覚えています。


「結婚式は、これからいい夫婦になろうと

2人で約束をした日に過ぎない。

そこからスタートしたと思えば、

何でもプラスになっていく」と。




結婚して5年や10年で夫婦の「ふ」になり、

30年40年で「ふう」ができ、

最後まで添い遂げて初めて「ふうふ」なんだと。

そう言われて、とても楽になりました。


2人の考えや気持ちが合わなくても、

これが当たり前だと思えますから。




■ 地球の名言