sponsored link


矢口史靖の名言と人物データ

矢口 史靖(やぐち しのぶ)」(1967〜)

「矢口史靖」は、神奈川県出身の映画監督

1990年の「ぴあフィルムフェスティバル」にて、8ミリ長編『雨女』がグランプリを受賞。

1993年に16ミリ長編『裸足のピクニック』で劇場監督デビュー。

「男子シンクロナイズドスイミング部」の青春を描いた『ウォーターボーイズ』(2001年)が、

大ヒットを記録し、「第25回日本アカデミー賞 優秀脚本賞&優秀監督賞」にノミネート。

その他の代表作に、第28回日本アカデミー賞の5部門を受賞した、

『スウィングガールズ』(2004年)や『ハッピーフライト』(2008年)などがある。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



ほんのちょっと、一粒でも種を見つければ、

全く違うコースの人生が待っている。

たった一度変わるだけで、その先に大きな広がりがあったりする。




ここを押してほしいというツボは、

みんなそんなにズレてないと思うんです。




お客さんが何を望んでいるか、何をしてほしいのか、

受け取る側になって考えてみる。

自分がいちばん厳しいお客さんだと思って、

自分の感覚を信じて動いてみる。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。