sponsored link




山田満知子の名言とプロフィール

山田 満知子(やまだ まちこ)」(1943〜)

「山田満知子」は、名古屋市出身のフィギュアスケートコーチ

伊藤みどり、浅田真央などの選手を育て上げ、

世界的な名コーチとして知られる人物であり、

フィギュアスケートの普及活動も積極的に行っている。


スケートを始めたのは、7歳の頃からであり、

選手時代は国体やインターハイでの優勝などの他、

全日本選手権やインカレで入賞するなどの活躍を見せた。

金城学院大学卒業後に愛知県スケート連盟の手伝いをするようになり、

軽い気持ちでコーチの道へ進んだと語っている。


主な教え子に「伊藤みどり」「浅田真央」「村上佳菜子」「小岩井久美子」「恩田美栄」

「中野友加里」「大島淳」「山崎愛里彩」「樋口美穂子」など。

主な著書に「直な心が才能を伸ばす! だれでも結果は出せる(青春出版社)」

「美しく舞うためのフィギュアスケートlesson(毎日コミュニケーションズ)」などがある。

(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 山田満知子の名言集


のんびりしている子はなんとなく

のんびりしている魅力があるし、


カチャカチャしている子は、

カチャカチャしている魅力がある。


コーチとは、天性の魅力を引き出すことが、

最大の仕事なのかもしれません。




結果が全てではない。

がんばったことというのは、

いつか必ず、何かの形でプラスになって返ってくる。


あたしが思うにはね。

みんなが一流にはなれないでしょ。


たとえば、受験勉強でも一生懸命したのに

不合格だったとするじゃないですか。


でも、それだけしたっていうことはどこかに積み重ねが残ってる。

努力をしたり、がんばったそのプロセスがすごく大切なんです。


sponsored link




■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link