「八嶋 智人(やしま のりと)」(1970-)


作品一覧

「八嶋智人」は、奈良県出身の俳優タレントナレーター司会者。 妻は舞台を中心に活躍している女優の「宮下 今日子(みやした きょうこ)」。 1990年に「松村 武(まつむら たけし)」と共に「劇団カムカムミニキーナ」(早稲田大学の演劇サークルが母体)を旗揚げ。 ドラマや舞台で俳優として活躍し、サントリーの缶コーヒー「BOSS」CMやドラマ「古畑任三郎」、バラエティ番組「ココリコミラクルタイプ」などへの出演によって、 広く知られる俳優・タレントとなり、2003年には「トリビアの泉」の司会者に抜擢される。 個性のあるトークで人気を博すと同時に、アナウンサー並みの正確な喋りで知られ、 2007年にはNHK総合テレビジョン「英語でしゃべらナイト」の司会にも抜擢されている。 主な出演TVドラマ作品に「GM 踊れドクター」「とめはねっ! 鈴里高校書道部」「怪物くん」「ダンディ・ダディ 恋愛小説家・伊崎龍之介」「ギネ 産婦人科の女たち」 「太陽と海の教室」「スクラップ・ティーチャー 教師再生」「パパとムスメの7日間」「貧乏男子 ボンビーメン」「弁護士 灰島秀樹」「島根の弁護士」「生きててもいい…?ひまわりの咲く家?」「ちびまる子ちゃんシリーズ」 「ワンダフルライフ」「Ns'あおい」「WATER BOYS」「世にも奇妙な物語」「天体観測」「美女か野獣」「合い言葉は勇気」「HEROシリーズ」「編集王」「Summer Snow」 「救命病棟24時」「タブロイド」「ひなたぼっこ」「みにくいアヒルの子 春休みスペシャル」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+どらく)



八嶋智人の名言一覧


同じように落ち込んでいた役者の友人と、

家で「俺たちって何もないよな」と話してたんです。


そうしたらヨメがね。

「あなたたちは雑草だから、

今まではアスファルトのすきまを見つけて、

光がある方へ破って出てきた。


そのエネルギーはすごかったけど、

その後どんな花を咲かせるか、

というプランがなかったのね」と言われたんですが、

その通りだなと。


で、アスファルトを破った後、

どんな花を咲かせるのかを一生かけて探すことが、

自分が俳優としてやっていくこと。

それでいいじゃないかと思えた。


その時初めて腹がくくれて、

俳優としてのスタート地点に立てた気がしました。




見る人を引きつけるには、

恥を恐れて器用にまとまるだけでは、

いけません。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:アルフォンス・デーケン
ドイツのイエズス会司祭・哲学者・上智大学名誉教授
前の名言:純名里沙
ドラマや映画、舞台などで活躍する女優、元宝塚歌劇団花組トップ娘役

sponsored link