sponsored link


横山秀夫の名言と人物データ

横山 秀夫(よこやま ひでお)」(1957〜)

「横山秀夫」は、東京都出身の小説家&推理作家

上毛新聞社でライターとして活躍しながら、

1991年に「ルパンの消息」で第9回サントリーミステリー大賞佳作を受賞。

以後フリーランス・ライターに転職し、

1998年に「陰の季節」で第5回松本清張賞を、

2000年に「動機」で第53回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。


代表作に映画化された「クライマーズ・ハイ」「出口のない海」「半落ち」、

TVドラマ化された「陰の季節シリーズ」「逆転の夏」「真相」「ネタ元」

「深追い」「顔」「震度0」「臨場」などがある。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→

1 /


■ 横山秀夫の名言集


小さなことを恐れなさい。

大きなことは、どうにもならない。


小さなことを恐れなさい。

大きなことは、どうにかなるの。


小さなことを恐れなさい。

小さなうちに、恐れなさい。




「よく知っている分野にこそ落とし穴がある」というのは、

物を書くうえでの常識である。




下りずに過ごす人生だって捨てたものではないと思う。

生まれてから死ぬまで懸命に走り続ける。


転んでも、傷ついても、たとえ敗北を喫しようとも、

また立ち上がり走り続ける。


人の幸せとは、

案外そんな道々出会うものではないだろうか。


一心に上を見上げ、脇目も振らずにただひたすら登り続ける。

そんな一生を送れたらいいと思うようになった。




同じ場所を与えられることは二度とない。

その一瞬一瞬に、

人の生きざまは決まるのだ。




一人でいい、

友だちをつくれ。



1 /

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。