sponsored link


詠み人知らずの名言

「詠み人知らず」

作者不明の名言の中で、

作者名が「詠み人知らず」となっているものを紹介します。



この世の生が完全であった時代には、

誰も価値ある人間に敬意を払うこともなく、

能力ある人を敬うこともなかった。


支配者とは樹の天辺の枝にすぎず、

人民は森の鹿のようだった。


彼らは誠実で正しかったが、

自分たちが「義務を果たしている」という認識はなかった。


彼らは互いに愛し合い、

しかもそれが「隣人愛」だとは知らなかった。


彼らは誰も欺すことはなかったが、

それでも自分たちが「信頼すべき人間」だとは認識していなかった。


彼らは頼りになる人間だったが、

それが「誠」だとは知らなかった。


また与えたり受け取ったりしながら自由に生きていたが、

自分たちが「寛大」だとは知らなかった。


このゆえに彼らの行為は語られたことがない。

彼らは歴史を作らなかった。




人が人を選ぶにあたってもっとも重要な事は、

その人が信頼に値するかどうかである。

そして信頼とは、その人に裏切られても良いと覚悟できる事である。




平凡も継続すれば非凡になる。




何かから逃げる者は罪を犯した者。

身を隠そうとする者は罪を認めた者。

そして、罪を認めた犯罪者は言い訳を始める。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。