「与謝 蕪村」

(よさ ぶそん / 1716年 - 1784年 )


書籍一覧

「与謝蕪村」は、江戸時代中期に活躍した俳人画家。本姓は谷口、谷であり、名は信章(蕪村は号)。江戸俳諧中興の祖と称される人物であり、松尾芭蕉、小林一茶と並び称される江戸俳諧の巨匠の一人。また、俳画の創始者でもあり、写実的で絵画的な発句で知られている。主な作品に「春の海 終日のたりのたり哉」「鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分かな」「柳散り清水涸れ石処々」「不二ひとつうづみのこして若葉かな」「花いばら故郷の路に似たるかな」「夏河を越すうれしさよ手に草履」「牡丹散りて打かさなりぬ二三片」「易水にねぶか流るゝ寒かな」「ゆく春やおもたき琵琶の抱心」「さみだれや大河を前に家二軒」「月天心貧しき町を通りけり」「笛の音に波もよりくる須磨の秋」「菜の花や月は東に日は西に」「古庭に茶筌花さく椿かな」「涼しさや鐘をはなるゝかねの声」「あま酒の地獄もちかし箱根山」「ちりて後おもかげにたつぼたん哉」「二村に質屋一軒冬こだち」「鰒汁の宿赤々と燈しけり」「寒月や門なき寺の天高し」「御火焚や霜うつくしき京の町」「さくら散苗代水や星月夜」「住吉に天満神のむめ咲ぬ」「みじか夜や浅瀬にのこる月一片」「うつつなきつまみ心の胡蝶かな」「秋の夜や古き書読む南良法師」「朝顔や一輪深き淵の色」「雪月花つゐに三世の契かな」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



与謝蕪村の名言一覧


欲しいものがあるなら、

勝ち取りなさい。


見たいものがあるなら、

見に行けばいいのです。


※原文…得たきものはしいて得るがよし。

見たきものはつとめて見るがよし。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:アン・ランダース
アメリカの女性コラムニスト
前の名言:アン・ラモット
アメリカの女性作家

sponsored link