sponsored link




吉屋信子の名言と人物データ

吉屋 信子(よしや のぶこ)」(1896〜1973)

「吉屋信子」は、大正から昭和に活躍した新潟県出身(育ちは栃木県)の小説家

高等女学生時代に、新渡戸稲造の「良妻賢母となるよりも、

まず一人のよい人間とならなければ困る。

教育とはまずよき人間になるために学ぶことです。」という演説に感銘を受け、

少女雑誌に短歌や物語の投稿をはじめたとのこと。

卒業後は上京して作家を志し、1916年(大正5年)から「少女画報」誌に連載した、

「花物語」で人気を集め、「大阪朝日新聞」の懸賞小説に当選した、

「地の果まで」で小説家デビューを果たす。

1934年には後に映画化されることになる「あの道この道」を発表。

1952年には「安宅家の人々」「鬼火」で第4回日本女流文学者賞を受賞し、

文学界にも広く認められるようになり、

晩年には「徳川の夫人たち」「女人平家」などの、

女性史を題材とした長編時代小説を発表した。


その他の主な作品に「ときのこえ」「少女期」「乙女手帖」「良人の貞操」「毬子」

「司馬家の子供部屋」「小さき花々」「からたちの花」「櫻貝」「紅雀」「七本椿」

「白鸚鵡」「暁の聖歌」「三つの花」「屋根裏の二處女」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス)

吉屋信子 - 小さき花々

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 吉屋信子の名言集


不幸は突然くるかも知れぬが、

幸福は突然はやって来ない。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 大越俊夫(国際教育アカデミー(AIE)の学院長)
  • 前の名言 → スピッツ(数多くの名曲で知られる4人組ロックバンド)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link