sponsored link


源義経の名言

源 義経(みなもとの よしつね)」(1159〜1189)

鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟にあたる平安時代末期の武将

幼名は「牛若丸」(うしわかまる)。

兄の頼朝が平氏打倒の兵を挙げる(治承・寿永の乱)とそれに馳せ参じ、

天才的な戦術で一ノ谷、屋島、壇ノ浦の合戦を勝利に導いたことで知られる人物。

世間の人々から英雄扱いされる反面、その優れた軍才とを兄に恐れられ、

全国に「朝敵」として捕縛の命が出され最後は非業の死を遂げている。


義経の生涯は、人々の同情を呼び、

次第に架空の物語や伝説が次々と付加され、

史実とは大きくかけ離れた義経像が形成された。

中でも特に有名な「武蔵坊弁慶」との五条の大橋での出会い、

陰陽師鬼一法眼の娘と通じて伝家の兵書『六韜』『三略』を盗み出して学んだ話、

衣川の戦いでの弁慶の立ち往生伝説などは、

死後200年後の室町時代初期の頃に成立したといわれる『義経記』を通じて、

世上に広まった物語である。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



迅速こそ、

勝利である。




道なくば岩をよじ、

山をつらぬいてゆくまでよ。




必勝の戦法は敵を包囲するにあり、

そのためにはいかに兵力僅少でも、

二手に分けなければならぬ。




勝つということは味方に勝つ事である。

味方に勝つというのは我に勝つ事だ。

我に勝つというのは、気をもって体に勝つ事である。




人よりも百倍臆病であるとすれば、

百倍勇気をふるい立たせればいいではないか。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。